ブログ

特定後写鏡についての再研修を行いました。

聴覚障害者のお客様が免許を取得する際に、「特定後写鏡条件」がついたお客様が入所されることがあります。
以前教養した内容の再確認の意味で、再度、特定後写鏡条件がついたお客様に対する教習内容の確認の教養を実施しました。

特定後写鏡1

実際に車から後方5m、左右1.5m離れた場所にロードコーンを設置しました。大体こんな感じになります。
特定後写鏡3

教習生の方に、実際に降りてロードコーンを確認をしてもらいます。その場合のポイントを説明中。

特定後写鏡4

運転席に交代に座って、ワイドミラーや補助ミラーを使ってどう見えるのかの教養。

ページ上部へ戻る